とむとぽぽの気まま旅行記 紹介ページ

おみやげ便?

配る相手がたくさんいる方には、お出かけするたびにお土産に頭を悩ませることになりそうですね。

「お土産」というのは、何か形があれば良くて、配るのはついでで、会う機会を作るというのはいいのかもなあと思いますが、運べる量には限界があります。

エコノミーだと、だいたい預入荷物は22〜23キロですね。かなーり前は、二人で出して片方がオーバー片方が少し軽かったりすると、「合わせて40キロ。いいわ。」とウインクもらって終了ってこともあったのですが、1.5キロオーバーのためにカウンター前で重そうな荷物を選んで出してやり直しってこともしたことがあります。

↑あ、このやり直しも、とむが現地語で丁寧に頼まなかったら、やり直すも何もベルトコンベアに乗せられて、オーバー分のお金を取られるところだったんですよね…(ほんと、こういうときに、動詞の原形だけを覚えているとダメです。命令になってしまうことも。「やめろぉー」と言うよりも「お願いがあります。ケースを出す前に私達には出来ることがある。やり直しさせてください」というのを「現地語」で言うのが大事ですね。私たちだって、仮にカウンターにいたとして、どう見ても外国人がそうしたときに、外国語でまくしたてられるよりも、「お願い。今、荷物、軽く作る。」とでも日本語で言われたら、ちょっと響くというか、刺さるというか、情がわきませんか。職場で使う英語を含む外国語は仕事のためのものですが、母国語はどうやっても心に届くものです。

話が大幅にそれましたが、タイトルの件です。

いつもと違う会社でスーツケースを借りたら、ヨーロッパのお土産を先に注文しておいて、帰国後に受け取るというパンフレットが入っていました。ほほー。

もちろん、現地で買えば、もっと安くもっと選択肢があると思うんだけど、いろんなケースがあるので、これもありかなーと思ったのが、スーツケース1/2分というお土産セット。

これを持ちながら旅行していたら、旅が辛くなってきそう。そして自分たちのもの、買えない感じ。配れば面目保てる程度ならこういうの利用して楽するのもいいかと。

ただ、私たちは、そこまで配る方がいなくて、スーパーで買う程度のものも選びたい。ベルギーではマヨネーズ、スイスでゴマチョコ、スペインでは缶詰、香港ではポケットティッシュなど、到底そういうパンフレットに載るわけのないものが、マストアイテム。

やはり、自力で持ち運ぶしかなさそうですw

まんが担当 ぽぽ

広告

いろいろ調べていましたら、海外でパスポートを盗まれたり紛失した場合、再発行もしくは帰国のための渡航書(という名の紙一枚)を、大使館/領事館に発行してもらうことになるのですが、今ってそうするには戸籍謄本が要るんですってね?

うちの場合、10年くらい前に、とむがローマで無くしましたが、ポリスレポートをもらい、写真を撮って領事館に行ったらなんなく発行されたので、写真やいろんなコピーが必要なことがわかっていればいいんだなと思っていました(コピーは日本のようにコンビニで出来ませんので、ホテルを頼ってみて)。

が、2年前にKL(クアラルンプール)で無くした方が、何としても謄本が要ると言われ、もちろん区役所が電話一本でFAXしてくれるわけもなく、税理士さんにお願いしてFAXしてもらったというブログを読みました。

やばい。これはやばい。一般人の地方出身のアタクシ達に、平日に都内区役所まで行って謄本を取ってFAXしてくれる人は誰もいない!委任状とかそれ以前の問題。

しかも、私たちは自由旅行。旅行会社を通してないので、お金で解決ということも出来ない。(そのブログでは大手旅行代理店の担当者が、うちでやりましょうか?と言ってくれたらしい)

最悪は、パスポート所持している方が帰国して、その足で区役所に行ってFAXということに。

その際に、言葉に不自由な私が残る方だったら、その先の流れ(直行便の取り直しやら、帰国後の保険請求に必要なもののコピーなどなど)が思い切り心配。

自分のための記録として、それ欲しかったと思っていても、意外なくらい取られて残らないのは前回で学習済。

こうなった場合、いろんなもののコピーを取ろう。

・ポリスレポート

・帰国のための渡航書

・入国した飛行機の半券かメールで届いたeチケット(パスポートに挟むのを今すぐやめよう!)

・泊まっていたホテルの領収書

・帰国便の予約票(これはイマドキはメールだね)

このあたりをコピーしたものを帰国するまで誰にも渡さず、(余裕があったら)ホテルから大使館の往復交通費をメモしておけば、保険請求に使えるね。

やってからでは遅い。それが準備。

戸籍謄本、ぜひ取ってから旅立ちましょう。

※マイナンバーカードがあればコンビニでって思いましたが、コンビニで取れるのは住民票の写しなどで、謄本は取れないので気をつけてー

まんが担当 ぽぽ

 

 

 

空港で、何か没収されたことがありますか?

あれは中々がっかりしますよ…。

うちの場合は、10年くらい前に、とむが気に入っていた十徳ナイフ(ハサミや爪切りもついた便利なもの)を行きに、私が喜んで買った台湾の缶詰を帰りに没収されました。

考えてみたら、片方は危険な刃物で片方は液体。持ち込めるわけはないですね。

最終パッキングをする時に、スーツケースの中身に目が行きがちなんですが、手荷物も見るようになりました(笑)。

例えば、スプレー類。髪・デオドラント・日焼け止め・ファンデーション・シェービングクリームなどなど、持ち込めません。

爪切りも、持ち込み荷物の方は、ネイルファイル(やすり)にしたらなんの問題もありません。(持ち込み荷物で取られたことは無いんですが、どこの国もそうかと言われたら自信がないので)

没収されて以来、他の人もされてるのかなあ?どんなものかなあ?と気になって、没収用の箱を覗き込む事が増えました。

圧倒的に多いのは、ライター。

フランスで多かったのは、ヌテラの大瓶でした。あの、どのクレープリーにもあるチョコレートクリーム。おいしかったから家でも食べたい。家族に買いたい。その気持ちはわかりますが、封を切る前であっても液体扱いです。…

国によって厳しいところもあるかもしれません。あやしいなあ?と思ったら預け入れ荷物に。その預け入れ荷物にも入れられない、運ぶことが出来ないものもあるので、空港や航空会社のサイトを確認しましょ。

私は、ずっとリップクリームや口紅も液体になりうると思って、透明の液体持ち込み袋に入れていたのですが、成田のセキュリティガイドを読んだらしなくてよかったんですね。

没収は、本当に情け容赦なくいい勢いで「ガンッ」と音を立てて没収箱(大きなゴミ箱のようなものでした…)に捨てられます。

どうか、どなたも残念な没収をされませんように。

まんが担当 ぽぽ

機内持ち込み手荷物

荷物は出来る限り預けて、少ない荷物で乗りこむタイプでした。夫がロストバゲージに遭うまでは。(翌日出てきました。何の連絡も無かったけど☆)

そうなった場合、手続きをした後で一泊分の身の周りのものが必要になるので、買物することになります。

これが、1ヶ月も同じ場所で旅行出来るなら大したことはないんですが、私たち平均的日本人にとって、そんなぜいたくなことは少なく…(下手すると着いたその日に別の街や国に移動する場合も…)。

そんな時間があるなら、美術館やカフェでゆっくりしたい。

長くなりましたが、そういうことで、荷造りで一番に考えることは、機内持ち込み手荷物の一泊分の衣服・化粧品です。

買ってもいいよ。時間あるし、お買い物好き♪ そんな方でも、パンストやタイツは絶対に日本のを持参した方がいいです。幅は選べる海外ですが、脚の長さが選べないので、足首にたまります…。身長164cmの私ですが、寒すぎた12月のミュンヘンで買った、イギリスのファストファッションのお店のレギンスは足の甲まで覆う長さでした…。屈辱。

 

………手荷物………

・下着

・靴下

・着替えと何か羽織るもの

・化粧品

・薬(普段のと、胃腸薬や風邪薬、ばんそうこうなど)

・スマホ(充電器と到着地の変換プラグ)

・OAタップ

・ガイドブック

・ペンとノート(入国のための用紙など意外に必要なものです)

・ノイズキャンセリングイヤホン

・長めのタオル(白よりも何か色がついていると機内で目立たなくていいですし、ホテルに置き忘れにくいです。機内の洗顔や少し寒いときに首に巻いて寝てみたり。)

・使い捨てマスク

・(必要なら)アイマスク

・プリントしたもの(飛行機・ホテル・現地電車・美術館などの予約確認メール)

・(前回作ったのであれば)現地のICカード

・(前回の残りなどがあれば)現地の現金

・(買い物とキャッシング用に)クレジットカード二種類以上(片方が使えなくてももう片方使える)

・(9/10 追記)戸籍謄本

・何は無くともパスポート!

こんなところかな?また思い出したら追加しておきますね。

 

機内で寝るときにパーカーを前後ろ逆に着て、フードを顔に被る人もいるんですね! 見た目、ちょっとびっくりだけど、本人が快適なら変な目が描いてあるアイマスクよりいいかも。頭いい〜。

まんが担当 ぽぽ

世界制服

征服ではなく、制服。

ユニフォームです。

今晩11時からのEテレで、いろんなテーマでいろんな制服に関することを放送する30分番組があります。

どうしたの。旅サークルが何を言い出したのとお思いかもしれませんが、初回の今晩は、「空を制服」。

キャビンアテンダントの制服と彼女らのトレーニングを放送するようです。

番宣によれば、シンガポール航空とエールフランスは出るようです♪

個人的に、今までお世話になったCAさんで一番好きな制服はダントツでシンガポール航空のもの。当サークルのシンガポール編でも描きました。なので、今から楽しみです。

まんが担当 ぽぽ


小銭を用意するんだぜ。専用シリンダーに満タンだぜ。イベントがある月の初日から、両替を心がけてるぜ。

そんな頃が私にもありました。

サークル側は、開始〜昼過ぎまでは小銭が喜ばれますが、後半になると小銭が溢れていますから、高額紙幣もウェルカムなのです。

でもね、これは一般的な話。

うちのサークルは気にしてないです。

あ、ただ、数秒で一冊を売るってくらい行列が出来るところは、サークルさんの時短テクニックが炸裂しているそうなので、従ってくださいね。システムとしてすごいもの見れそうですよ。

まんが担当 ぽぽ


今回はお誕生日席ということもあり、アイディアをかなり盛り込んだという事を書きましたが、それをどこで手に入れたのかにも少し触れておきます。

ポップ用品(スタンド・クリップ)やミニレジはストア・エクスプレスで購入。東日本橋(馬喰横山)にある業務用備品のお店。

実際に触って確かめられたり、想像していたよりも使い勝手がいい小物との出合いもあるので、行ける人はネットではなくお店に行かれるのがいいと思います。出来れば同人誌を持って(サイズ感大事)。

ネットになぜか書いていない、ミニレジの小銭の出しやすさとかも、実物を見て理解出来ました。もらった小銭は上から入れて、お釣りは下から一枚ずつ指1本でちょいちょいっと出せます。小銭全種のスロットがあるので500円と100円だけでいいのに…と思っていましたが、たまにいらっしゃる50円10円支払の方のちょい置きにも対応できて、楽ちんです。蓋付き缶でいいじゃないの…と思っていましたが、探さずちゃちゃっと確実にお釣りが出せるのはお互いの時間短縮になりますね。

ストアエクスプレスにあった、段ボールで作るオレンジ色の本棚にも惹かれましたが、折りたたんだ状態を見て断念。保存にも運搬にも向いてないサイズ…。うちは手運びですので…。

他に、同じ東日本橋にあるシモジマも良かったです(このお店は浅草橋にもありますね)。ヒントがいっぱい。旅行用に、預け入れ荷物がすっぽり入る厚手のビニール袋まで買いました。ゴミ袋に入れて預けたら、全部破けてびしょ濡れでターンテーブルに乗ってて白目ってことがありましたが、もう安心なはず。今後、何かの同人誌に載ると思うネタ。

あとは、安定の100円均一。

キッチン折りたたみ棚を使われているサークルさん多いですね。うちもそうです。今回、キャンドゥから足の長い商品が出ていたので初めて買い替えました。この棚の裏をスペースの備品入れにしたかったので高さも大事なんです。それでも、2センチ足りなかったので、段ボールを適当に切って二つ折りにし、棚の足の机に触れるところを挟み、ガッチリとステープラーでとめます。一つだと不安なので2つ3つ。ガシガシっと。左右の高さは揃えてね。あれ?これが出来るなら買い替えなくて良かったんじゃ…。まあいいです。横幅大きくなったし。取り外さずたためたのでつけっぱなしで運べました。

高さはいいけど、新品なのに劇的にダサくなった棚…それはいいんです!この棚に布カバーを作りサークルが使うところを隠すので☆足もゲタ(段ボール)も見えないさ♪

まんが担当 ぽぽ

本日は封書申込みの最終日。

雨だろうがなんだろうが、申し込まないと!(デジタルなら家から出ないで出来るんですけどね 笑)

C92では、後半にいろいろ完売して、「冬コミに持ってきてください」と言っていただけたのは嬉しいですが、かなり外れるんですよと言ったら驚かれました。一般参加される方には、たまにしかコミケに申し込んでないサークルと思われているのかしら…。引越のとき以外、毎回申し込んでいますよー。そして、出たら必ず新刊出していますよー。(既刊も持って行ってますよー 小声)

サークルカットに書いた新刊は、

読み物 とむ’s Tactics 6と、旅まんが スペイン美食巡礼(仮 2017年9月の旅←これから行く)です。

完売〜品薄になった既刊も、まだまだ求められているなと実感がありました。

要望の多かったものを中心に持っていきます。うち、既刊多く見えると思うのですが、このように再販もすごくしています。

申し込み内容に書類不備が無いよう、何度も確認しましたし、同封した大量のMRでも82円で送れることを確認してもらったので、大丈夫。

やることは全部やりました。

あとは嬉しいお知らせを待つばかりです。

まんが担当 ぽぽ

夏コミ、お疲れ様でした。

涼しかったですねえ。

 

今回、イベント参加をして初めてのお誕生日席をあてていただき、「お誕生日席をなめてた」「もっと出来ることがあったはず」というMRやツイートを羨ましく読んでいた私には「精いっぱいやってこい!」とコミケの神様や運営さんに言われたように思えまして。

力の限り、やってみました。

うちのかさばらないグッドルッキングガイ(苦笑)に、何度もレイアウトやロールプレイングしてもらったり、POPを何度もやり直したり、そりゃーもう頑張りました。

今までこれをしてこなかったんだ…という反省も出来ました。

そして。

なんと。

持っていった新刊5種類のうち、4種類が昼過ぎにゆるゆると完売。さらに既刊も続々と売れ出して、とむ’s Tactics3まで完売。

本当にありがとうございました。

今回、無料配布しました、とむ’s Tactics番外編モロッコへの道は、次回のイベントにも刷ろうと思っています。

冬コミも申込みます。当たりますように。

まんが担当 ぽぽ

C92 お品書きです。

お品書き出来ましたー♪
2日目 土曜日 ぺ-23a(お誕生日席です)
「マイルを貯めないマイル旅行」というのだけがとむ’s Tacticsではないのですが、きっかけになるといいなーと思ってつけてみました。

ぽ印ツアー新刊は、
とむ’s Tactics4と5

台北 2泊3日で何しよう?
タビキソ
マラッカ・KL

なんと5冊!

その上、とむ’s Tactics番外編として、4ページのペーパーを無料配布します。先着順なのでお早めにいらしてくださいね。

まんが担当 ぽぽ