とむとぽぽの気まま旅行記 紹介ページ

日本-フランス間

ある意味では一番肝心な、長距離フライトを決めなくてはならない。

今回の目的の1つが、A380に乗ることだった。A380は昼運行に使用されているのだが、現地での時間を有効に使える夜便(AF277、スターウイング)を使ったほうがいいと思えてきた。前回夜便を使った時は、真っ暗な冬の早朝に放り出されて、けっこう大変な目にあったが、今回はそのまま次の街へ移動するので、その問題はない。夜便は乗ってすぐ寝ることができるので、時差ぼけ対策にもなる。 で、そうなると、A380はあきらめなくてはならない。

AF277 21:55 NRT 04:15(+1) CDG

それなら帰りの便でA380は楽しもうじゃないか、帰りの夜便は成田着 18:00と遅すぎて選択できないし、と思っていたら、JALのコードシェア便が目に入った。

AF280 19:25 CDG 14:15(+1) NRT

ヨーロッパ旅行の一番辛い部分の一つに、帰りの時差ぼけがある。いつも、午前に成田に付き、そこから家まで移動し、かつその日の19時くらいまでは、猛烈な眠気に耐えることになるのだが、これなら、成田から家まで戻り、大まかに荷解きしたらもう寝ていい時間になる。もちろん、現地にいられる時間が長くなるのも好都合だ。欠点は、JALの運行なので、外国気分の時間が減ることだが、快適でないということもないだろう。 そうすると、帰りもA380に乗ることができない。

これは次回への宿題かもしれない。でもグラースといいA380といい、旅の目的がどんどん減っていってるが、大丈夫か?

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。