とむとぽぽの気まま旅行記 紹介ページ

おみやげ便?

配る相手がたくさんいる方には、お出かけするたびにお土産に頭を悩ませることになりそうですね。

「お土産」というのは、何か形があれば良くて、配るのはついでで、会う機会を作るというのはいいのかもなあと思いますが、運べる量には限界があります。

エコノミーだと、だいたい預入荷物は22〜23キロですね。かなーり前は、二人で出して片方がオーバー片方が少し軽かったりすると、「合わせて40キロ。いいわ。」とウインクもらって終了ってこともあったのですが、1.5キロオーバーのためにカウンター前で重そうな荷物を選んで出してやり直しってこともしたことがあります。

↑あ、このやり直しも、とむが現地語で丁寧に頼まなかったら、やり直すも何もベルトコンベアに乗せられて、オーバー分のお金を取られるところだったんですよね…(ほんと、こういうときに、動詞の原形だけを覚えているとダメです。命令になってしまうことも。「やめろぉー」と言うよりも「お願いがあります。ケースを出す前に私達には出来ることがある。やり直しさせてください」というのを「現地語」で言うのが大事ですね。私たちだって、仮にカウンターにいたとして、どう見ても外国人がそうしたときに、外国語でまくしたてられるよりも、「お願い。今、荷物、軽く作る。」とでも日本語で言われたら、ちょっと響くというか、刺さるというか、情がわきませんか。職場で使う英語を含む外国語は仕事のためのものですが、母国語はどうやっても心に届くものです。

話が大幅にそれましたが、タイトルの件です。

いつもと違う会社でスーツケースを借りたら、ヨーロッパのお土産を先に注文しておいて、帰国後に受け取るというパンフレットが入っていました。ほほー。

もちろん、現地で買えば、もっと安くもっと選択肢があると思いますが、いろんなケースがあるので、これもありかなーと思ったのが、スーツケース1/2分というお土産セット。

これを持ちながら旅行していたら、旅が辛くなってきそう。そして自分たちのもの、買えない感じ。配れば面目保てる程度ならこういうの利用して楽するのもいいかと。

ただ、私たちは、そこまで配る方がいなくて、スーパーで買う程度のものも選びたい。ベルギーではマヨネーズ、スイスでゴマチョコ、スペインでは缶詰、香港ではポケットティッシュなど、到底そういうパンフレットに載るわけのないものが、マストアイテム。

やはり、自力で持ち運ぶしかなさそうですw

まんが担当 ぽぽ

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。