とむとぽぽの気まま旅行記 紹介ページ

モノマネ上手に

日本人が日本人らしいのは、当たり前であって、いいことでもあると思います。

が。

海外で大勢の人がいるところでは、ぜひ、「5分後にこの国の人のモノマネをさせられる」とでも思って、ぜひ観察してください。

例えば電車。

電車を待っている時の彼らはキッチリ並んでいますか?電車が来る方向を見たり時計を何度も確認しますか?何か口にしていますか? 電車の中で彼らは何をしていましたか?座ってる人と立っている人の違いは?おしゃべりの声の大きさは?自分と同じくらいの年に見える人の服は?アクセサリーやバッグなど目立つものの色や雰囲気は?それをどのように持っていますか?降りる時に何か言っていましたか?

目立つ人を真似しちゃダメですよ。誰だっけ?を狙いましょ。

その雰囲気がわかったら、さっそく真似をしましょう。列形成しないのであれば、さりげなく近くにいる。キョロキョロしていないなら、スマホかタイルの目地でも見ていましょうか(笑)。バッグは肩か手以外にかかっていないですよね。ひじにかける人は、海外ではとても少ないです。それと、もう10年以上、ヨーロッパの女子デニムは、ハイウエストか腰履きかの違いこそあれ、伸び伸びのぴっちぴちです。同じ服を着れるなら着てみましょう。

なんでこんな話をしているかというと、一回の旅行で2度も何かを盗まれた人の話を聞いたからです。

泥棒・スリから身とお金をまもるために、擬態してほしいんです。都市迷彩とでもいいましょうか。

何度もスリに遭う人には、共通点があります。良くも悪くも日本人らしいんです。持ち物が何もかもピカピカに新しかったりキレイだったり、人はちょっと幼く自信なさげ。そのうち「ニホンジーン♪」とモノマネされそうなくらい特徴があります。

どこの国の人かわからない人→その土地に住んでいる人 こういう人達は手強いので、スリはわざわざ狙いません。気づいたところから真似しましょ。

細かい事を言うと、色もあります。

以前、イギリスからイタリアに移動した時に、機内に入った途端、目立つ色が見当たらなくなって驚いた事があります。数人派手な色の方は見かけましたが、彼らはイギリス人でした。その時の流行りもあるとは思いますが…。

乗り物でスリに遭うときは、決まって人が降りる時です。盗んですぐに逃げられますからね。混んでいるときに押されたりしますが、それに気を取られず荷物に意識を集中させましょう。スリはあなたの荷物とあなたの手を見ているらしいですよ。

実は一度、海外でバッグのファスナーが半分開いた夫のトートバッグに後ろから手を入れたことがあります。シロウトの私がやることなので、すぐに気づくだろうと思ったら全然気づかない! このままだと、私が泥棒みたいなので、すぐに声をかけてファスナーしめてもらいました。

ハンドルを握りしめなくてもいいから、ファスナーはしめて、少し前で抱えましょ。

まんが担当 ぽぽ

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。