とむとぽぽの気まま旅行記 紹介ページ

「コミティア」カテゴリーのアーカイブ

通販はじめました

https://pojirushi.booth.pm/

この度、プロデザイナーPOO松本氏のtwitterレビュー企画で、とむ’s Tactics7を紹介していただきました。

そこで気づいたのは、同じく参加している方々のほとんどが通販の窓口があること。

その件でお話させていただいた方に、かるーく背中を押していただいたように思います。ありがとうございます。

それがきっかけで、なんとかBOOTHにぽ印ツアーを開店しました。

見に来てねー。

ぽ印ツアー通販↓

https://pojirushi.booth.pm/

 

広告

コミティア126(う30a)の配置図と新刊(このイベントは終了しています。たくさん見ていただきありがとうございました)

 

※お品書きはこの次のpostです。

今回は申込み多数で抽選になると聞いていたので、受かってホッとしています。(…コミケ落ちてたのでね…。新刊もあるし、これから出る新刊もあったのにね…。その分、コミティア頑張ります)

場所は、東6の手前側【う30a】です。

新刊は、まだまだ作業中の新シリーズ「とむ’s recommend」1回目のテーマは南仏の春のカーニバルです。この時期に行くなら、ぜひひと目見て欲しい。楽しかったらどっぷり漬かって欲しい笑 読んで行きたくなったら?それはチャンス。実は、読んでからお祭りに間に合うように、この時期に出すことにしたんです。 この時期だけの忘れられない旅行、体験がそこにあります。

※サークルカットはイラストですが、本は写真と読みやすく分かりやすいと評判の文章です。

C94で大人気の新刊、とむ’s Tactics7と、あの日の砂漠の話をしよう(旅まんが)も大増刷してお持ちします。

※新シリーズが始まりますが、Tacticsは無くなるわけではありません。今後もついてきてくださいね。

旅まんがやTacticsシリーズは、サークル参加するたびに増刷して、初めましてさんでも選んでいただけるようにしてきましたが、アイテム数が膨大なので、今後増刷するかもしないかもと考えているものもあります。どうぞ気になっているものはお早めに手に入れてくださいね。

既刊

旅のtipsとマイルの話の、とむ’s Tactics1-7

旅まんがは、モロッコの本 あの日の砂漠の話をしよう(サハラ砂漠)、スペイン美食巡礼、はじめてのお散歩ソウル、ガイドブックに無い台湾、イスラム文化トルコ(残部僅少)、シンガポール、モンサンミシェルの島内に泊まった話

※今回は全部持っていきます。

年内最後のコミティア、盛り上がりましょう〜♪

まんが担当 ぽぽ

コミティア124(5/5)申し込みました(このイベントは終了しています)

※このイベントは終了しています。たくさんいらしていただいて感謝。

スパコミの翌日だけど、創作オンリーのコミティアファンは来てくれるはず!

というわけで、5月のCOMITIAに申し込みました。

全て読み切りのサークルです。

webカタログ用スペインマレーポスター

↑↓ C93で幻のように消えたけど、こんな本でした。コミティアにもがっつり持っていく!

 

コミティアでは初売り新刊(C93で完売)のまんが 「スペインバスク 美食巡礼」「マレーシアの本 マラッカ・KL(クアラルンプール)」と、これまた完売の旅のtips本「とむ’s Tactics」5(自由旅行・パッケージツアーの予約確認の仕方。実はここでわかる!+空飛ぶダブルベッドスイートクラス体験記)と6(ホテルとマイルのお得なあれこれ)

残部僅少の「台北2泊3日で何しよう?」と、とむ’s Tacticsシリーズ

これらを再版して持参します。

その他既刊は、モン・サン=ミシェル、シンガポール、トルコの旅まんがです。

★もしかしてだけど、4月に行く旅も本にするかも。出来上がったら褒めてください。納期最短なので…。行く前に表紙作れないタイプなのでほんとにもしかしてだけど…なのです。

※先日のCOMITIA123、法事で受付ボランティアにも行けなくなったと思ったら、相方のインフルエンザで法事どころではなくなり、かかっていない私がCOMITIAに行けました。一人で伸び伸びと買い専で動き回った結果、新しい出会いを含め大量の本を買い、改めて作り手さんたちの熱を感じてやる気を充填しました。頑張ります。

まんが担当 ぽぽ

サークル向け コピー誌・ペーパーに役立つもの

かたい紙や厚い紙をステープラーでとめることもあるのですが、ステープラーの芯をステンレスにするだけで、無駄撃ちがかなり減ります。

単純に分厚いのであれば、長い芯を使うのも手ですが、コロンブスの卵で薄い紙を使うというのもアリだと思います。

ステープラーの背を本文コピー誌の中(見開き中央)に来るようにとめて、表紙を糊どめしているサークルさんもありました。これもキレイです。

今回、お隣に配置されたサークルさんの本が面白くて数冊買いました。すごくキレイな印象はなぜだろう?と思ったら、細かい所が丁寧なんです。特に折り。

折る筋が全てキレイで、始末もキレイ。うちも練習しよう。

…後日、PLUSのハンブンコという商品を買いました。B4までの紙に折り目をつけたり、切ったりするもの。超絶便利…

C93 新刊情報 旅まんが編

旅まんがは、「スペイン バスク 美食巡礼」スペインのバルホッピングと老舗巡りを中心に、食い倒れの旅をまとめました(観光も買い物も美術館も描きましたけども、圧倒的に食べるものが多い)。

CYMERA_20171225_223114

描きたかったのは、旅先の人たちの「普通」が私たちには珍しく面白い。それが旅だとすら思うということです。

今回からデジタルに移行しています。

そのためもあり、細かい小物をやたらと、描きました。イラストやパッケージ好きさんにも見てもらいたいなあ。

とむ  ‘s Tactics6 は、ホテル。ホテルのプログラムを使って、いいお部屋に泊まれたり、ただのバラバラにたまるポイントではないんですよという、お得な話です。

2017年は、夏冬コミケにお席がある幸せな年です。

いい年にするもしないも、自分次第。

精一杯頑張って描きました。

コミケでも精一杯頑張ります。

 

まんが担当 ぽぽ

旅行まんがの地図と住所

旅行が好きで、まんがが好きで、旅行まんがを描いていますが、ごくたまに「この店の住所は?」と尋ねられることがあります。

私の作っている本のサイズがA5と小さく、他にも情報をたくさん詰め込んでいるため、住所まで入れると文字が絵を踏みつけて何が描いてあるかわからなくなってしまうので、店名から検索をしていただきたい… と、お話しています。

他にもいくつか理由はあって、店名はそのままで引っ越してしまうことが、特にアジアは多いので、住所があてになりません…。なので、ぜひ店名を頼りにgoogle map・ストリートビューなどで探していただきたい。その住所を書いたところで、読んでいる方が現地語の地図で探すのは大変だと思います。結局、検索するときには店名を入れるのでは?

住所は、漢字の国であっても、日本では使っていない字もあります。作り手はそれをコピペで出せますが、紙を読んで下さっている方は読みにくく入力しにくい・出来ない字では?と思うのです。

逆に、ものすごく読みやすいローマ字の土地柄でも、その辺一帯がおいしいご飯のお店が集中してて、むしろ「あのチーズケーキの店の隣」と現地でも言われていたり笑

では地図は?というと、ざっくりした絵地図のようなものしか入れられないことと、苦労して作ったところで目印が何もない店の地図は…あまり役にたちそうにありません笑 やはり、ここは、わかる限り店名を正確に載せていますので、どうか検索をお願いしたいです。

今回の「スペイン バスク 美食巡礼」は、そのお店独自の名物料理が盛りだくさんなので、私の同人誌を現地に持っていって、日本語のわからない現地の方に見せても店はわかる本にしようとはしています。

ありがたいことに、地元(サンセバスチャン バルの聖地)の方の協力が得られたので、盛り込みますよー♪

食べ物だけの本ではないものの、食のページが普段より多めです。

まんが担当 ぽぽ

スペイン バスク 美食巡礼

スペイ表紙小.png冬コミ3日目の新刊です。

とはいえ、ネタが多すぎて全然まとまりません。

マドリード・トレド・アランフェス・サンセバスチャン…それぞれで1冊になりそうなところばかり。

まだネームにも持っていけていないので、焦っていますが頑張ります。

まんが担当 ぽぽ

コミティア122 戦利品

(スペインバスク美食巡礼は、C93初売りですが広告)

早々とあちこちで戦利品の写真があがっていますね。個人的には久世番子先生のパレス本に、ティアではなく帰宅後のTwitterで出会ったことがショックでした…

さて、気を取り直して、前を向こう。

旅行ジャンルが多いですが、他にも、ティアズマガジンのPush&Review(P&R)で人気になっていた本も買いました。

この、P&Rはいい企画だと思います。参考にしている方もたくさんいらっしゃるのではないでしょか。

買ってみて面白かった本の感想を、ティアズマガジンに付いているハガキやwebサイトに投稿して、その感想が本の一部のイラストカットなどと一緒に掲載されるのでイメージしやすいんですね。

これはみんなに教えたい。もっと売れていい本!という、思いも伝わります。

いくつ感想を書いてもよくて、今回のCOMITIA122なら、11/29まで受け付けています。

書いたからといって、全員が載るわけではありません(事実、私も一度も載ったことがないです。毎回他のサークルさんの本を力強く推しているのですが)、作者に直接ファンレターを出せない同人誌(連絡先書いてないもの)だし、twitterやサイトに書くのも勇気がいる人もいるのかも(私は「買いました。好きです。面白かったです。」だけでも伝えちゃう人ですが…)

そんな、「応援」が届くのがP&R。

https://www.comitia.co.jp/pr_form/

↑URLが新しくなりました。

コミティアで買った面白い本を、P&Rで間接的にオススメしてみませんか? 人気投票を兼ねているのでサークルにとっては励みに、一般参加のお買物の参考に、そして自分の文がこんなにたくさん出ている本に掲載されるかもしれない喜び、誰も損しません!win-win-winですよ。

あ、うちのに限らずです。そりゃーもちろん、感想いただけたら、舞い上がりますけど(笑)

コミティア122 お品書き(このイベントは終了しています)


コミティア122、いよいよ明日の11月23日11時からです。
とっても寒そうですが、今年はこれで最後のコミティアにぜひ足を運んでくださいね。
ボランティア設営さん達よりは遅いですが、今回も巡回スタッフ(ボランティア)ですので、私たちは8時半くらいには会場入りしていると思います。

お品書きできました。
こんな感じのがK35aに立っていますので、どうぞお越しください。

最新刊は、とむ’s Tactics 6です。お得なホテル予約、こんなところにもマイルの種が!?という内容。
ホテルがテーマだけあって、海外ホテルで見かける「あちらでは普通だけど、私たちには面白いもの」など、写真入りコラムも楽しい一冊が出来上がりました。

コミティアでは初の、マレーシアの本 マラッカ・KLは旅まんがです。
自信作です♪
今年の2月に旅をしたマレーシアは、素晴らしく美しいモスクに一目ぼれしたことがきっかけでした。ちょうど春節(中国正月)のタイミングだったので華やか♪
これを見てもらおうと、カラーページも入れてみました。
とむ’s Tactics5で書いている、空飛ぶダブルベッドにも触れています。
初めてのホテル火災で避難…?

5月のコミティアで部活動に参加しました。その旅部に合わせて発行したのが、とむ’s Tactics5と、台北 2泊3日で何しよう?です。
とむ’s Tactics5は、某旅行代理店の事件で浮き彫りになった、旅行の予約の確認しにくさと不安。自分でできるやり方を。
SQの空飛ぶダブルベッドで移動しました。予約・体験レポート。

台北旅まんがは、今年の2月の旅行をベースに、今まで何度も行った体験を盛り込みました。
現地の友人に教わった、絵画やおいしいアレコレ。
なんでここに日本人!?と地元の方に言われたお店も。
リノベーションホテルなど、ガイドブックに載っていない情報満載。

既刊は、完売したものも増刷してお持ちします。
とむ’s Tactics1-4、モン・サン=ミシェル(TVでやらない島内宿泊)、シンガポール、イスタンブール(トルコ)

出会いを期待していますよ。

一般参加向け お支払編


小銭を用意するんだぜ。専用シリンダーに満タンだぜ。イベントがある月の初日から、両替を心がけてるぜ。

そんな頃が私にもありました。

サークル側は、開始〜昼過ぎまでは小銭が喜ばれますが、後半になると小銭が溢れていますから、高額紙幣もウェルカムなのです。

でもね、これは一般的な話。

うちのサークルは気にしてないです。

あ、ただ、数秒で一冊を売るってくらい行列が出来るところは、サークルさんの時短テクニックが炸裂しているそうなので、従ってくださいね。システムとしてすごいもの見れそうですよ。

まんが担当 ぽぽ