とむとぽぽの気まま旅行記 紹介ページ

「旅の準備」カテゴリーのアーカイブ

機内持ち込み手荷物

荷物は出来る限り預けて、少ない荷物で乗りこむタイプでした。夫がロストバゲージに遭うまでは。(翌日出てきました。何の連絡も無かったけど☆)

そうなった場合、手続きをした後で一泊分の身の周りのものが必要になるので、買物することになります。

これが、1ヶ月も同じ場所で旅行出来るなら大したことはないんですが、私たち平均的日本人にとって、そんなぜいたくなことは少なく…(下手すると着いたその日に別の街や国に移動する場合も…)。

そんな時間があるなら、美術館やカフェでゆっくりしたい。

長くなりましたが、そういうことで、荷造りで一番に考えることは、機内持ち込み手荷物の一泊分の衣服・化粧品です。

買ってもいいよ。時間あるし、お買い物好き♪ そんな方でも、パンストやタイツは絶対に日本のを持参した方がいいです。幅は選べる海外ですが、脚の長さが選べないので、足首にたまります…。身長164cmの私ですが、寒すぎた12月のミュンヘンで買った、イギリスのファストファッションのお店のレギンスは足の甲まで覆う長さでした…。屈辱。

 

………手荷物………

・下着

・靴下

・着替えと何か羽織るもの

・化粧品

・薬(普段のと、胃腸薬や風邪薬、ばんそうこうなど)

・スマホ(充電器と到着地の変換プラグ)

・OAタップ

・ガイドブック

・ペンとノート(入国のための用紙など意外に必要なものです)

・ノイズキャンセリングイヤホン

・長めのタオル(白よりも何か色がついていると機内で目立たなくていいですし、ホテルに置き忘れにくいです。機内の洗顔や少し寒いときに首に巻いて寝てみたり。)

・使い捨てマスク

・(必要なら)アイマスク

・プリントしたもの(飛行機・ホテル・現地電車・美術館などの予約確認メール)

・(前回作ったのであれば)現地のICカード

・(前回の残りなどがあれば)現地の現金

・(買い物とキャッシング用に)クレジットカード二種類以上(片方が使えなくてももう片方使える)

・(9/10 追記)戸籍謄本

・何は無くともパスポート!

こんなところかな?また思い出したら追加しておきますね。

 

機内で寝るときにパーカーを前後ろ逆に着て、フードを顔に被る人もいるんですね! 見た目、ちょっとびっくりだけど、本人が快適なら変な目が描いてあるアイマスクよりいいかも。頭いい〜。

まんが担当 ぽぽ

広告

サークル向け情報 什器編


今回はお誕生日席ということもあり、アイディアをかなり盛り込んだという事を書きましたが、それをどこで手に入れたのかにも少し触れておきます。

ポップ用品(スタンド・クリップ)やミニレジはストア・エクスプレスで購入。東日本橋(馬喰横山)にある業務用備品のお店。

実際に触って確かめられたり、想像していたよりも使い勝手がいい小物との出合いもあるので、行ける人はネットではなくお店に行かれるのがいいと思います。出来れば同人誌を持って(サイズ感大事)。

ネットになぜか書いていない、ミニレジの小銭の出しやすさとかも、実物を見て理解出来ました。もらった小銭は上から入れて、お釣りは下から一枚ずつ指1本でちょいちょいっと出せます。小銭全種のスロットがあるので500円と100円だけでいいのに…と思っていましたが、たまにいらっしゃる50円10円支払の方のちょい置きにも対応できて、楽ちんです。蓋付き缶でいいじゃないの…と思っていましたが、探さずちゃちゃっと確実にお釣りが出せるのはお互いの時間短縮になりますね。

ストアエクスプレスにあった、段ボールで作るオレンジ色の本棚にも惹かれましたが、折りたたんだ状態を見て断念。保存にも運搬にも向いてないサイズ…。うちは手運びですので…。

他に、同じ東日本橋にあるシモジマも良かったです(このお店は浅草橋にもありますね)。ヒントがいっぱい。旅行用に、預け入れ荷物がすっぽり入る厚手のビニール袋まで買いました。ゴミ袋に入れて預けたら、全部破けてびしょ濡れでターンテーブルに乗ってて白目ってことがありましたが、もう安心なはず。今後、何かの同人誌に載ると思うネタ。

あとは、安定の100円均一。

キッチン折りたたみ棚を使われているサークルさん多いですね。うちもそうです。今回、キャンドゥから足の長い商品が出ていたので初めて買い替えました。この棚の裏をスペースの備品入れにしたかったので高さも大事なんです。それでも、2センチ足りなかったので、段ボールを適当に切って二つ折りにし、棚の足の机に触れるところを挟み、ガッチリとステープラーでとめます。一つだと不安なので2つ3つ。ガシガシっと。左右の高さは揃えてね。あれ?これが出来るなら買い替えなくて良かったんじゃ…。まあいいです。横幅大きくなったし。取り外さずたためたのでつけっぱなしで運べました。

高さはいいけど、新品なのに劇的にダサくなった棚…それはいいんです!この棚に布カバーを作りサークルが使うところを隠すので☆足もゲタ(段ボール)も見えないさ♪

まんが担当 ぽぽ

C92頒布物(このイベントは終了しています)

c92新刊C92の頒布物ですが、コミケ新刊の とむ’s Tactics 45タビキソ台北本のほか、新刊の、とむ’s Tactics 6、マレーシア(クアラルンプール、マラッカ)本を鋭意執筆中です。間に合うといいな…(汗)

旅行保険

海外に旅行する前に、保険入るのって当たり前?

入る前にちょっと待って。
身の回りの保険を見てみましょう。

まずは、カードについている保険が、案外広範囲だったりします。自転車事故までみてくれるものもあります。
私の場合は、これでまかなっています。

もうひとつは、火災保険その他に、海外でも保険がおりるものがあるけど、それに加入しているかどうか。
これは、特約なので、今入っている火災保険にほんの数百円出すだけで物損などをフォローできます。

すでにあるものにお金をかけることはないので、物損・病気・怪我・万が一の死亡をフォローしていなかったら、その範囲で考えたらいいと思う。(死ぬのは避けられない。そうなったときに保険があると、余計な心配に気を散らすことなく、悲しみに迎えると、私は思う)

保険なんていらないよという考え方もあると思う。
普段と違うことをしにいくし、万が一の何があってもお金かかるから、入っておくと安心ってこともあると思う。
よくよく考えて。

振舞いや体調に気を付けて、楽しい旅を☆

みんな、やってる?

旅の戦略的なものは、文章担当のとむが書いていますが、もっともっとスタートラインのものもあっていいんじゃない?と思っています。

そのうちまとめますが、これから旅行に行かれる方に、ひとつだけヒントを。

何泊の旅行でも、スーツケースは借りる。

これをするだけで、実は気苦労がぐっと減ります。

レンタルなら、高級品のリモワも借りられますし、我が家のように、最低限(笑)のものから選ぶことも出来ます。

特に、買う予定のある方は、一度借りて、使い倒して納得して買うのがいいかと。

取り回しが楽といって、売り場でいくらくるくるさせても、実際に制限ギリギリまで荷物を入れると、クルマ(コロ)がキューキューとハムスターの悲鳴のような音を出してきしみ出すものもあります。

安いものは、本体そのものが重いことが多いです。
本体が2キロと6キロでは持って帰れるものが大きく違いますよね。
それに、変なデコボコがケース内にあって、梱包にコツが必要だったりします。
最近は、重量オーバーにどの会社も厳しくて、夫婦の片方が軽かったんだから、2キロのオーバーは多目に見てよってわけにいかなかったりもします(ただし、これは交渉次第ということもありますので、頑張ろう日本人)。

そこで。
レンタルなんですよー。
旅行が決まって航空券買ったら、予約をしておけば、出発の2日前に消毒済のものが、宅配便で届きます。
返すときは、中身を出して、特別に掃除機もかけずに返しています。

すごく目立つキズがついても、わざとじゃなければ大丈夫。
故障してしまったときも、連絡はしますが、こちらには特別ペナルティはなかったです。

いろんなレンタルスーツケースのお店がありますが、我が家は10数年、山形のダーリングさんを愛用。
お値段の設定や選択肢が広いのが気に入っています。

あ、宣伝じゃないです。何の癒着もない、ただのファンです。

今後、思いついたときにこういう旅のちょっとしたものもあげておきますね。
次回は、スーツケースは宅配便で送る にしようかな。

ぽぽ

モンサンミッシェル行っちゃう?

パリの宿で悩んでいた。移動の便利を考えてモンパルナス~カルチェラタンを考えていたが、高かったり、設備が悪いところが多くていいところがない。定番のヒルトンはパリでは使えない。凱旋門のところのはとても高いし、デフォンスは街から遠くて、ちょこちょこ戻って休むというわけにはいかない。ふと、思いついた。どこか別の街に移動するのなら、別にデフォンスでもいいよね。例えばモンサンミッシェルとか?

モンサンミッシェルは前から行きたかったところだが、日帰りでは短いだろうし、かと言って2日取られると、他の日程に支障が出る、と今までやめていたのだ。
今回はそんなにパリでしたいことがみっちり詰まってないし、一度行った分余裕もあるだろう。蚊の季節でもないし、いいチャンスかもしれない。というわけでモンサンミッシェル行き決定。最初の計画からどんどん離れるが、いつもこんなものだし、プランとして魅力的なのでこれでよい。

さて、そうすると、モンサンミッシェルに1泊2日、例によってスーツケースは置いて出かけよう。なので、パリで泊まるホテルはある程度信頼できるところでないといけない。最初ヒルトンデフォンスを考えたが、モンサンミッシェルへ行くためのTGVが出るモンパルナスへは、RER A線とメトロを乗り継がなくてはならず、やっぱり相当に不便であろう、ということになった。やはり当初の計画どおり、モンパルナス周辺で。調べたら、駅周辺にはずいぶんホテルが多いみたいだ。よし、ここで探そう。