とむとぽぽの気まま旅行記 紹介ページ

「旅行」カテゴリーのアーカイブ

スーパーマーケットでこれを買う 海外編

CYMERA_20190415_122415.jpg

華やかな有名店のお買い物も素敵ですが、スーパーマーケットの買い物も人気ですね。

ばらまきみやげのためだけではない、旅先のスーパーマーケット。

売り場に同じ物が2つも3つも横に並んで売っているものは、それだけ売れる・土地の人が大好きな証拠。ひとつ真似してみます。

スープ好きなので、コンソメキューブやカップスープはどこでも買ってます。ポロネギらぶ。

日本のよりもおいしいので、デカフェのインスタントコーヒーもいろんな国で買っています。

 

こういう人たちもいるんだね?って感じでどうぞ〜

 

行ったことがある国で一例を挙げると…

・スペイン 缶詰とハーブティー天国♪ マテ貝やアンチョビの缶詰の他に、スモークしたタラの油漬けはかなりおいしかったです。リラックスや安眠系のパッケージでわかるハーブティーやアニスが入ったカモミールなど変わり種もたくさん。

・トルコやギリシャ・モロッコ スパイスとチョコレート天国♪ バザールだけではなく、スーパーで買っても安くていい香り。特にギリシャではサフランが激安でした。チョコレートはベルギーでしょ?と思われましょうが、トルコのウルケルというメーカーはベルギーのゴディバを買収した会社。そういうの知らなくてもウルケルのチョコレートはおいしいのにスーパーで売ってて素敵。

・美食の国ベルギー・フランス おなじみのエシレバターとチョコレートが激安で興奮しました。(温度管理のこともあるのでオススメはしませんが、うちは雑なので、ギリギリまで冷蔵庫に入れて、後は預け入れ荷物に入れたら冷えて持ち帰って満足。)ベルギーのスーパーで王室御用達のチョコレートが安く買えますし、そうじゃないのもおいしい。シュガーレスのミントキャンディがたくさんあるのもいいところ。舌が荒れにくいので咳止めに愛用。

・チェコ ウエハース。チョコがかかっているものいないものいろいろです。顔くらいある大きな丸いウエハースはお土産にも話のネタにも。

・オーストリアもウエハースですが、予備知識が無くてもお菓子売り場でmanner一色になっているので察することができます。小さいサイズのは気楽なお土産にも。

・マレーシア 世界一のインスタントラーメンとクラッカー 種類に驚くけど、ちゃんと売れてる。ネギクラッカーは朝ごはんにも。

・台湾 スーパーは意外にもMade in Taiwanを知るいい場所です。ピーナッツバター・蜂蜜・フルーツビール・酢じょうゆ・新貴派(ティラミスウエハースをオススメ)などなど。スーパー行く時間が無ければHi-lifeというコンビニがローカル色強めです。ぜひ、サンドイッチ〜飲み物まで、買わないものも見てみて。

・香港 黒白のエバミルクとネギクラッカー。牛マークのです。これでミルクティーを作ると、本場の味に近づきます。時々、この牛マークのカップ&ソーサーがセットになったリプトンティーがあるのもスーパー。ネギクラッカーはpoppanのもの。

・韓国 イラストが多いパッケージにうきうきします。バナナのお菓子が多く、とても売れているバナナキックという日本のカールをうっすら甘くした感じのお菓子と情というチョコパイ的なもの(レンジで8秒を推奨)とヨーグルトグミ(ヤクルト味)など、パケ買いで失敗しないです。トウモロコシのひげ茶(オクスススヨン)も軽くておいしくて安い。お鍋で作る干し鱈(たら)のスープは帰国しても買ってます。

・シンガポール スープレストランの生姜ソース。お店で一度食べてはまりました。日系デパ地下は土日に品切れすることもあるので、見つけたら買っています。

・タイ インスタントのお粥。ポークもチキンもおいしい。フリーズドライなので軽いのがありがたい。

・ドイツ ポケットティッシュとドリンクが作れるビタミンタブレット。tempoという、風邪をひいたときも顔の滝汗も大丈夫な(個人の感想)ちょっといいポケットティッシュがとても安く買えます。香港のものじゃない?と思った方もいらっしゃるかもですが、ドイツのものです。香港のドラッグストアでお馴染みですね。これが香港の比じゃなく安いので隙間を見つけて突っ込むくらいにして持ち帰ります。

・スイスは、とにかく物価が高いので、スーパーマーケットで正気と輝きを取り戻しました笑 何にでも国旗がデザインされているなーと思ったらみんな国産が大好きな表れだそうです。好ましい。そういうのを見つつ、ここで嬉しかったのはエコバッグとチョコレートです。どの国でも見るメーカーのチョコレートでも本国だと見たことのないフレーバーがあったりします。

・フィンランド Fazerのお菓子。何もかもがこのメーカー?と思うほど。チョコレート、どれもおいしいです。サルミアッキは健康食品じゃなくてこの味!というのを味わうのも面白いと思うの…

・イギリス カスタードクリームの素(bird’s)と紅茶。朝の忙しいときにざぶざぶ飲むための楽ちん紅茶でもおいしい。現地ではお店でもティーバッグなので、むしろ現代のイギリス風でもある。急須でお茶をいれる人が少なくなっているのは、日本も英国も同じなのは少し憂うけれども、我もまたそのひとり。

※肉類は、ダメ元で日本の検疫で手続きしてください。私はそれが面倒なので買わないです。

 

…オランダ、イタリア、マカオその他

行っているんだけど、印象に残っていなかったり、そもそも行っていなかったり。買っているものが現地で消費するものだったり。青空市場が楽しすぎたり。

普段、自宅近くのスーパーに行く感じの「これ安いから買っておこう」って感じのものは、帰国しても結構馴染んで、長く旅行を楽しむことになります。

普通の買い物も旅の楽しみというお話でした。

次のイベント参加はコミティア128 X05a

広告

旅行に持っていくもの 薬類

国内でも海外でも、処方されている薬を持っていくのは大前提として…。

それ以外の薬・ドラッグストアで売っているもので、持参するものメモ。

【薬は機内持込】万が一のロストバゲージも考えます。

・胃腸薬(油っこいものが続く時は1日3回飲みます)

・チョコラbb(疲れにも効くし、万が一の口内炎にも効くので絶対)

・ビオフェルミン(冷たいヨーグルトを食べるのが辛いときもあるし、カロリーや乳脂肪無しで乳酸菌がとれる)

・解熱鎮痛薬(熱があるときにも頭痛にも使える)

・風邪薬

・酔止薬(ガタガタの道を長距離バス、船移動などの酔いやすい条件の時だけ)

・目薬

・蕁麻疹用の薬

・アンメルツ的な何か

・サロンパス的な何か

・ロイヒつぼ膏(小さいサロンパス的な。小さいことが何よりすてき)

…↑この辺の外用薬は人によっては全く要らないけど、私は時々痒かったり肩が凝ったりするのじゃ…。

たくさん歩くので

・快足時間(ふくらはぎ・足の裏 私はサロンパスでもいいですが、男性は剥がすときのストレスがあるようなのでこちらをオススメ 微香なのもいい)

・冷えピタ(冷房が弱い部屋だったときにも)

・絆創膏

・手で切れる医療テープ(マステっぽい素材のものを愛用 歩き方のクセなのか、たくさん歩くと足の指にマメが出来るので、そうなりやすい指に巻きつけています)

これは番外編として…

・白花油(香港のシップのようなニオイの油なのですが、これが酔止めや虫刺されのかゆみ止めなどに使え、なかなかの万能ぶりです。小さいのでポーチに入ります 手に入らなかったらタイガーバームでいい気がする)

・爪切りかネイルファイル(身だしなみばかりじゃなく、割れたり欠けたりのフォローにも)

・毛抜き(…サボテンの実をそうとは知らずつかんだときに棘が刺さりました… 五円玉の穴をおしつけると抜きやすくなるらしいですがその時は持ってなかった)

昔はポカリスエットの粉も持っていきましたが、今はアイソトニック飲料は手に入るし、薬局で粉が買えることもわかったので持っていきません。

一方、気楽に飲めるノンカフェインの香ばしいお茶は韓国以外で見つけにくいので、麦茶パックをジップロックに入れて持参。1リットルの水が入れられないホテル冷蔵庫もあるので、500mlペットボトルに麦茶パックを入れて濃いものを作り、飲むときに水で割ります。

お腹ゆるくならないの?下痢止めは?と聞かれたことがありますが、私は結構大丈夫です。でも、余程なことじゃない限り、体が出そうとしていることに逆らわない方がいいです笑 体に合わないものを食べたりしているのならそれは出さないと。ちびちびと白湯やアイソトニック飲料を飲んでやり過ごしましょう。

顔洗うの? 海外旅行の洗顔の話

顔洗うの? え?洗わないの?というのが、安野モヨコさんの「美人画報」にイラストで載っていて、そのお互いの常識がぶつかったところがおもしろいなあと、10年以上たったのに詳細に覚えています。

さて、海外の洗顔問題です。

出国して、最初に顔を洗うのはいつですか?

私は機内で食事をして眠る前です。

初めの頃は、お手洗いで何とか洗顔しようとしましたが、今ひとつさっぱりしないこととその割には貴重な水をたくさん使うのを申し訳なく思っていました。

そこで、クレンジングシートと拭き取り化粧水を小分けにして持ち込んでみましたら、解決しました♪(リフレッシュシートを配る会社もありますが、だいたい夜だけの配布…)

朝も洗顔の代わりに拭き取り化粧水でさっぱりします。

その後、基礎化粧品→普段のメイクをします。

拭き取り化粧水は、いろいろなところから出ていますが、使ったことのないもので合わなかったら大変なので、国内で試してからにしてみてくださいね。

私が使っているのは、ちふれの拭き取り化粧水です。ボトルは150mlあり、そのままだと機内に持ち込めませんので(残量に関わらず100ml以下の容器という決まりがあります)、決まりにそった容器に詰め替えをします。リフィルも売っています。

薄いメイクならこれで済んでしまうので、最近ではクレンジングシートすら持参していません。

ホテルのシャワーで髪がきしむならば、顔にも良くないんだろうなーと、ホテルでも拭き取り化粧水を。仕上げに水が良ければ、ボトル入りのお好みの水を購入し、コットンに浸して仕上げというのもいいかもしれません。暑い国でも活躍しました。

コットンはホテルアメニティーにもありますが、拭き取り化粧水に使うには足りません。気楽に使いたいだけ欲しいので、スーパー、ドラッグストアの他に、ファストファッションのレジ前で買ったりしました。H&M、Forever21、Primarkにありました。

洗顔料と水の他に、拭き取り化粧水という選択肢もありますよというお話でした。

COMITIA128 X05aです

COMITIA128は、4000spのところ、5900spの申込みだそうで、いくらかはレイアウトのすごい人達が融通きかせてくれるにしても全員は空中に浮かない限り無理。

というわけで、ハラハラしましたが受かってました。

cymera_20190409_143040

サクカ

サークルカットに無い新刊は、当サークル初の国内旅行です。青森県の本「めんこい♡弘前」。津軽の美しい手仕事や街歩きの前に手に入れる無料マップや弘前城が動いた!など、その県に生まれ育っていない観光客に近いぽぽ目線の1冊です。全部歩いて回れます。

よそで出してはいたもののCOMITIAの新刊は、サハラに続いてモロッコ第2弾の「マラケシュ・フェズ」です。

2冊ある新刊はどちらも漫画。とむ’s Tactics8は、この夏のコミケで出す予定なので受かってお願い…。

弘前表紙だけ

弘前本は、先行販売したおもしろ同人誌バザール7 in 六本木で見本誌を残して完売と好評でした(うちはご希望なら見本誌もお譲りするスタイル…)。

5/12、ビッグサイトの青海展示場でお会いしましょう。近くなったらまたお知らせします。(海と梅。スタッフさんは青梅と間違えるとか、もう聞き飽きてるそうなのでみんなマップで確認してきてね)

おもしろ同人誌バザール7 4/6 (このイベントは終了しています。)

新刊は「めんこい♡弘前」。初の国内旅行本です。

弘前表紙だけ.png

おもしろ同人誌バザール7  4月6日に参加します。

スペース番号は42。左側の入口を入って奥の方です。

おもしろ同人誌バザールは、ジャンルをあまり固めずに、いろいろ見ながら発見があるといいねという感じみたいです。実際、お目当てのspに行くまでに、あっちもこっちもと見て歩き、大崎petitでかなり買い物しました。

http://hanmoto1.wixsite.com/omojin

おもしろ同人誌バザール7は4/6 ベルサール六本木で11時から16時まで。【入場無料】

ぽ印ツアーはいつものように最後まで本があるように出来る限り持ち込みますが、毎回何かしら完売になっているので、確実に欲しい本・どんなものかなーと思っている方は早めに見に来てくださいね。

POO松本氏のTwitter企画でレビューしていただいた「とむ’s Tactics7」も持っていきます。

お品書きが出来ましたらまたこちらに載せますね。まだ旅行漫画新刊執筆中です。

漫画担当 ぽぽ

海外のスタバで聞かれること

海外のスタバで、自分で注文してみたい。

そう言っていた人が、知り合いにいました。

日本のスタバとの大きな違いは、注文した後で名前を聞かれることだと言ったら驚いていました。

英語初心者さん(私もですが)は、このシーンで使われるはずの英語と思うとスラスラ話せるのですが、ちょっと予想外なことを聞かれると、知っている単語もわからなくなってしまうから、そのときに慌てないように。

で。話はここで終わらなくて。

外国人には聞き取りにくい音・発音しにくい音があります。

なので、あなたがハナさんだとしたら、イタリアやフランスの方には「アナ」と言われることでしょう。いっときのことなので、どうか、それも面白がってほしい。

いっそ、名前を聞かれたときに、その国の名前を名乗ってみてもいいでしょう。ウソはよくないと思われるかもしれませんが、親切でもあると私は思います。

私の本名は、早口で名前と思わずに話すと、とてもいい意味になる英語の一文と似ています。それが少し恥ずかしいのと、Rの音がまだ苦手だった頃に練習のつもりでRから始まるRachelや、初めの音さえ聞き取ってもらえればあとは相手が勝手に想像して書き取れるPatriciaと名乗っていました。

注文した→名乗った これで終わりではありませんよね。

呼ばれて受け取る。ここまでは名乗った名前を忘れないようにしてくださいね?

※なので、NINJAとか言っちゃうと、「忍者ー!キャラメルマキアートが出来たよー」って喜んで言われるばかりか、「どんな奴だろう?」とじーっと見られることになりますよ。

きっとその日のTwitterで、忍者がスタバにって書かれますよ。…やらない方がいいですよ?

ダウンコートとエコバッグと旅

家を出るときは寒くて、空港やお店ではちょっと暑い。そういうときに心底邪魔なのがダウンコートです。

パッカブルでもそうじゃなくても、脱いだものを気楽に出し入れ出来て落とさないもの…と思ったら、それ持ってましたw

普段から、毎日買い物に行くわけではないので、エコバッグは大きめなのですが、これがすごく便利なので紹介します。(その会社さんから何ももらっていません。ステマじゃないですw)

https://www.shupatto.com/

シュパットという商品で、ハンズなどにあります。かばんにちょっと入れておいて荷物が増えたら広げて使う。

その便利さから、時々国内線の機内販売でコラボ商品になっていたりします。

私が使っているのは、上記リンクのLサイズ。スーパーマーケットの買い物かご一杯なら余裕で入るしろものです。(トイレットペーパーが隠せるのもポイントだったりします)

カッチリした形が無いので、ある程度の荷物を運ぶためのもの。

これが、脱いだダウンコートを入れるのにすごく便利なんです。プリーツがあるので見た目よりも広がって入るため、ぎゅうぎゅう潰さなくても、ひざ丈コートとパッカブルブルゾンのダウンがさっと入れられます。

飛行機の中でもコートは脱ぎたいのでこれに入れて、オーバーヘッドに突っ込んでしまえば降りるときも楽チンです。

濃い色のを2年以上使っていますが、端を持ってパンッと引っ張るだけで気持ちよく整うのは相変わらず。

スーツケースにつけられるものも出ていたんですね。試してみたいな。

使うときだけ大きくなる、軽くて簡単にたためるエコバッグのお話でした。

通販はじめました

https://pojirushi.booth.pm/

この度、プロデザイナーPOO松本氏のtwitterレビュー企画で、とむ’s Tactics7を紹介していただきました。

そこで気づいたのは、同じく参加している方々のほとんどが通販の窓口があること。

その件でお話させていただいた方に、かるーく背中を押していただいたように思います。ありがとうございます。

それがきっかけで、なんとかBOOTHにぽ印ツアーを開店しました。

見に来てねー。

ぽ印ツアー通販↓

https://pojirushi.booth.pm/

 

楽しすぎる西川口 京浜東北線で行ける中国?

CYMERA_20190201_125451.jpgワラビスタン、カスカベスタンという言葉を聞いたことはありますか?

え?中央アジアのどこかが分裂?してません。

これ、実は埼玉の蕨(わらび)近くや春日部に何年も前から中央アジア〜中国の方が増え、お店が増えていることに由来します。

同人誌で詳しく知ることになったザムザムの泉を中心に、ちょっとお出かけした写真いっぱいの旅記録はこちら↓

https://4travel.jp/travelogue/11452148

チケットが買えても出国出来ない? パスポート残存期間の話

私たちの話ではないですが、旅行サークルなのでこういう情報もあげておこうかな、と。

飛行機のチケットを予約・発行する際に、パスポートを提示したり、番号を入力すると思うのですが、この際にあまり意識していない人が多いのが、旅行先の国とパスポートの有効期間満了日の関係だと思います。

有効期間満了日とは、そのパスポートが有効な期間の事で、どの国にもその期間ギリギリに渡航出来るわけではありません。

たった3日しか旅行しないのであっても、有効期間満了日まで○○日必要と旅先の国で決まっているなら、その日数に1日でも足りないと出国すら出来ません。(ごくまれに行けた方のブログを見ますが、あちらの空港に着いても強制送還ということもあり得ることなので、素直にパスポート更新しておきましょう)

個人のミスなので、飛行機のチケット代金は当然戻ってきません。ぜひ確認してから購入してください。

有効期間満了までの必要残日数は、国によって変わります。台湾のようにかつては3ヶ月以上必要だったものが、2017年以降は滞在予定日数以上とものすごく緩和されたりします。(まとめサイトなどでまだ以前のままの期間のところも見かけます。情報は最新の確実なものを探して得てください。)

私が知っている中で2019年1月現在の最長は、出国時に残6ヶ月必要なアイルランドですが、改めて調べてみると結構長いところがありました。

確認は、各大使館が一番確実ですのでこちらには載せません。

※パッケージツアーの方でもこれは同様で、ビザもパスポートもご自身で確認してね?というのを大きな旅行会社さんのお約束で見ました。(もちろん、有償でそういうチェックやビザを取ることをするサービスもあるとのことです)

そして、こういうルールは、旅先の国の感覚・日本との関係が大きな力になるので、いつルールが変わるかわかりません。情報は最新の正確なものを確実なところから確認し、ゆとりをもったパスポートで旅しましょう。

いろいろ書きましたが、ギリギリで旅せずに、有効期間満了日まで1年を切ったら、新しいパスポートに切り替えるのが一番の安全策です(ただし、切り替えて新しいパスポートが来るまでは出国出来ません。手続きしても、手元に無ければダメだからです。)

まんが担当 ぽぽ